踏査(とうさ)。


踏査とは、実際に現地に行って調査すること。

森林保全、トレッキングハイキングロード整備、木質資源有効活用、森林資源など、私たちのミッションはたくさんありますが、何に対してもまず最初にすることは「山を知る」ことです。


今現在、どんな状況か?


台風による倒木、ナラ枯れによる危険、土砂崩れの恐れ、間伐の必要性などを、山に入り、自らの足を使って見て周り状況を知ることから始まります。